Powered by RSSリスティング








NEWS | OFFICIAL



2024.8.23 ON SALE[世界同時発売]

シアトル出身の日系アメリカ人ソングライター/プロデューサー、キシバシの新作が完成。ブラジリアン・ジャズ、70年代ファンク、オーケストラ・ロック、シティ・ポップなどあらゆる要素を包括した自身5枚目のアルバム『カントス』、リリース。


■アーティスト:KISHI BASHI(キシバシ)
■タイトル:KANTOS(カントス)
■品番:JNR475JCD[CD/国内流通仕様]
■定価:未定
■その他:世界同時発売、解説付
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Violin Akai
2. Chiba Funk
3. Late Night Comic
4. Colorful State
5. Escape from Knossos
6. Icarus IV
7. Hollywood Intermission
8. Lilliputian Chop (feat. Augie Bello)
9. Analógico Brasil
10. Make Believe (feat. Linqua Franqa)
11. Call It Off
12. Tokyo Love Story (Love Story Wa Totsuzen Ni)

●Kishi Bashiは、ニュー・アルバム『Kantos』を2024年8月23日にJoyful Noise Recordingsからリリースする。セルフプロデュースで、Tucan(Hot Chip、Jungle、Aluna)がミックスを手掛けた『Kantos』は、昨秋にリリースされた『Music from the Song Film: Omoiyari』(自身のドキュメンタリー映画『Omoiyari: A Song Film by Kishi Bashi』の広大なコンパニオン・サウンドトラック)に続く作品となる。アルバムは、長年のコラボレーターであるエンジニアのDrew Vandenberg(Faye Webster、of Montreal、Toro y Moi)と、イギリスのミュージシャンであるSweet Lorettaと共に、Chase Park Transductionでレコーディング。ゲスト・ミュージシャンとして、Zorina Andall(Vo)、Augie Bello(Sax)、Linqua Franqa(活動家/ラッパー)が参加している。『Kantos』の曲作りの初期段階において、Ishibashiは、ジャズのバックグラウンドを活用したり、ブルックリン出身のインディ・バンド、Jupiter Oneの共同設立者として以前受け入れていたダンス・ロック寄りのフィーリングを掘り下げることで、非常に折衷的な音楽的ルーツに戻ることを考えていた。しかし、曲作りを始めてそれほど時間が経たないうちに、彼は、プロンプトに基づいてキャッチーな曲のフックを作曲できるAIを搭載したウェブサイトを偶然見つけた。「AIは非常にパワフルで、多くの重要な問題を解決する可能性を秘めている。しかし、人間の技術革新にも大きな価値があり、それを見失ったらどうなるか心配だ。人間性を評価しないのであれば、何を評価するのか?」とIshibashiは言う。『Kantos』の強烈で明白なエネルギーは、Jupiter One時代に浸透していたダンス・パンクのアクトを再訪したことに起因する。「2000年代のニューヨークのシーンにどっぷり浸かったことは、僕にとって非常に形成的で、このアルバムの多くは、The RaptureやLCD Soundsystemのようなバンドに大きな影響を受けている」と、Regina Spektorのヴァイオリニストとしてツアーやレコーディングに参加した経験を持つIshibashiは語る。このアルバムはまた、彼がロックダウン中に夢中になったエレキギターからも、その活力を得ている。「パンデミックの時にフェンダーのストラトを手に入れて、その音色に興奮したんだ。「Nile Rodgersが70年代にChicと作っていたものを思い出して、意識的にギターと僕が遊んでいるクールなドラムのループを中心にデモを作ることにした」とIshibashiは説明する。『Kantos』に命を吹き込むにあたり、Ishibashiはサンタクララ大学の哲学教授であるパートナーのKimberly Dillに豊かなインスピレーションを得た。Dillは、IshibashiにKantの作品を紹介。Elon Muskのような人物が信奉するトランスヒューマニズム運動が潜在的にもたらす悲惨な結果も含め、人類の思想の進化について教えられた。『Kantos』は絶妙な二面性を持つ作品だ。私たちが知っている人類の終わりを描いたパーティー・アルバムであり、深い不安と崇高な喜びが交錯する。シアトル生まれのシンガー・ソングライター/プロデューサーによる5枚目のスタジオ・アルバムは、ブラジリアン・ジャズや70年代のファンクから、オーケストラ・ロックやシティ・ポップまで、あらゆるものを包括している。また、AI、トランスヒューマニズム、そして人類の苦難に満ちた運命についての考察は、『Kantos』の制作に大きな影響を与えた。それでもIshibashiは、このアルバムを「この種の思い上がりに対する警告というよりは、欲望、情熱、共感、そして愛といった、人間を人間たらしめている特性そのものを讃えるもの」だと考えている。「このレコードを聴いて何か感じてもらいたいことがあるとすれば、それは人間が創造する芸術の可能性に対する興奮だ。AIにできる素晴らしいことが分かってきたとしても、創造性や革新性という点では、人間は常に一歩先を行っていると思う。人間が提供できるものには、まだ限りがない」と彼は言う。
●Kishi Bashiはヴァイオリンの名手、Kaoru Ishibashi(カオル・イシバシ)の仮名だ。Regina Spektor、Sondre Lerche、of Montrealといった様々なアーティストとのレコーディングやツアーでのコラボレーションを経て、2012年、Ishibashi はJoyful Noiseからファースト・フル・アルバム『151a』をリリース。同作はNPRの「Best New Artist Of The Year」に選ばれるなど高い評価を得た。続くアルバム『Lighght』では、東洋的なアレンジ、Philip Glassにインスパイアされた即興演奏、70年代プログレなど、より多様でニュアンス豊かな楽器編成を導入。2016年の『Sonderlust』は、プロデューサーのChris Taylor、エンジニアのPat Dillet、ドラマーのMatt Chamberlainの協力を得て、より激しくパーソナルで、芸術的に冒険的な作品となった。その後、Ishibashi はモンタナ州やワイオミング州を頻繁に訪れ、第二次世界大戦中の日本人強制収容をテーマにした「song film」の制作を開始。Kishi Bashiの4枚目のアルバム『Omoiyari』は、この6年間の旅、リサーチ、そして映画『Omoiyari: A Song Film』の撮影のために書き下ろされたスタジオ・アルバムで、2022年のサウス・バイ・サウスウエストでプレミア上映された。

>>> more info.





Copyright (C) 2024 Big Nothing Co., Ltd. All Rights Reserved.