NEWS | OFFICIAL




2018.6.13 ON SALE

90年代後半のイギリスで最も象徴的であったロック・バンド、マンサン。彼らが1997年に発表し全英1位を獲得したデビュー・アルバム『アタック・オブ・ザ・グレイ・ランターン』がリイシュー。マンサンの長年のコラボレーターであったP-Dubによりオリジナルのマスターテープよりリマスターされた『アタック・オブ・ザ・グレイ・ランターン~21st アニヴァーサリー・リイシュー』、通常盤&デラックス盤にてリリース。


■アーティスト:MANSUN(マンサン)
■タイトル:ATTACK OF THE GREY LANTERN(アタック・オブ・ザ・グレイ・ランターン~21st アニヴァーサリー・リイシュー)
■品番:
KSCOPE603J【通常盤】[国内流通仕様]
KSCOPE541J【限定盤】[国内流通仕様]
■定価:
¥2,100+税【通常盤】:メディアブック・パッケージ&16Pのブックレット仕様
¥7,500+税【限定盤】:3CD+1DVD&72Pハードバック・ブック仕様
■その他:
【通常盤】:ポール・ドレイパーによる解説/歌詞/対訳付
【限定盤】:ポール・ドレイパーによる解説/ポール・ストークスによる詳細な解説(2万字以上)/歌詞/対訳付
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
【通常盤】
1. The Chad Who Loved Me
2. Mansun's Only Love Song
3. Taxloss
4. You, Who Do You Hate?
5. Wide Open Space
6. Stripper Vicar
7. Disgusting
8. She Makes My Nose Bleed
9. Naked Twister
10. Egg Shaped Fred
11. Dark Mavis
【限定盤】
[CD1] オリジナル・アルバム
1. The Chad Who Loved Me
2. Mansun's Only Love Song
3. Taxloss
4. You, Who Do You Hate?
5. Wide Open Space
6. Stripper Vicar
7. Disgusting
8. She Makes My Nose Bleed
9. Naked Twister
10. Egg Shaped Fred
11. Dark Mavis
[DVD] オリジナル・アルバムの5.1サラウンド・サウンド・ミックス、プロモーションビデオ(NTSC/Region0)
1. The Chad Who Loved Me (5.1 mix)
2. Mansun's Only Love Song (5.1 mix)
3. Taxloss (5.1 mix)
4. You, Who Do You Hate (5.1 mix)
5. Wide Open Space (5.1 mix)
6. Stripper Vicar (5.1 mix)
7. Disgusting (5.1 mix)
8. She Makes My Nose Bleed (5.1 mix)
9. Naked Twister (5.1 mix)
10. Egg Shaped Fred (5.1 mix)
11. Dark Mavis (5.1 mix)
12. An Open Letter To The Lyrical Trainspotter (5.1 mix)
13. Flourella (promo video)
14. Egg Shaped Fred (promo video)
15. Take It Easy Chicken (promo video)
16. Stripper Vicar (promo video)
17. Wide Open Space (promo video)
18. Wide Open Space (US promo video)
19. She Makes My Nose Bleed (promo video)
20. Taxloss (promo video)
[CD2] 未発表のデモ、レアリティーズ、アウトテイクス
1. Disgusting (demo)
2. Rebel Without A Quilt (original version)
3. Naked Twister (demo)
4. Dark Mavis (demo)
5. The Dutchess (backing jam)
6. Ski Jump Nose (original version)
7. She Makes My Nose Bleed (strings only)
8. The Chad Who Loved Me (backing track take 1)
9. Stripper Vicar (take 1)
10. Stripper Link (full length version)
11. Dark Mavis (rejected version)
12. She Makes My Nose Bleed (version 1)
13. An Open Letter To The Lyrical Trainspotter (take 1)
14. The Greatest Pain (backing track take 1)
15. You, Who Do You Hate? (early version)
16. She Makes My Nose Bleed (demo)
17. Egg Shaped Fred (mix 1)
[CD3] 1995年から1996年にかけてのBBCレディオ1のセッション(オンエア時より未発表)
1. Skin Up Pin Up (Radio One Session 14/9/95)
2. Grey Lantern (Radio One Session 14/9/95)
3. Flourella (Radio One Session 15/5/96)
4. Naked Twister (Radio One Session 15/5/96)
5. Drastic Sturgeon (Radio One Session 15/5/96)
6. Egg Shaped Fred (Soho Live Radio One Evening Session 12/11/96)
7. Take It Easy Chicken (Soho Live Radio One Evening Session 12/11/96)
8. Stripper Vicar (Mark Radcliffe Session 16/12/96)
9. She Makes My Nose Bleed (Mark Radcliffe Session 16/12/96)
10. Wide Open Space (Mark Radcliffe Session 16/12/96)
11. The Chad Who Loved Me (Mark Radcliffe Session 16/12/96)
12. Ski Jump Nose (Mark Radcliffe Session 16/12/96)

このアルバムは、ある意味、今の時代の方が、つまりスーパーヒーロー映画やら異性装の牧師やらがごく当たり前になっている現代社会においての方が、今日的な意義があるように僕には思える。けれども、1997年当時に既に本作を“理解”していた人々にしてみれば、恐らくブリットポップ絶頂のあの時代において、これは全英アルバム・チャート1位を獲得した中で最も奇妙な作品の1つだったことだろう。例えばかつてパンクを始めとする様々なジャンルがそうしてきたように、音楽史に記されているジャンル分けを放棄した作品が数多く世に送り出されたのは、それから間もなくのことだ。(ポール・ドレイパー)



>>> more info.











Copyright (C) 2018 Big Nothing Co., Ltd. All Rights Reserved.