Powered by RSSリスティング








NEWS | OFFICIAL



2022.7.22 ON SALE[世界同時発売]

グラミー賞を三度受賞するシンガーソングライター/ミュージシャン/プロデューサー、ベン・ハーパーのニュー・アルバムが完成。クリサリス・レコードからは初となるシェルドン・ゴンバーグとの共同プロデュース作『ブラッドライン・メインテナンス』、リリース。


■アーティスト:BEN HARPER(ベン・ハーパー)
■タイトル:BLOODLINE MAINTENANCE(ブラッドライン・メインテナンス)
■品番:BRC80J[CD/国内流通仕様]
■定価:¥2,500 +税
■その他:世界同時発売、解説付
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Below Sea Level
2. We Need to Talk About It
3. Where Did We Go Wrong
4. Problem Child
5. Need to Know Basis
6. It Ain’t No Use
7. More Than Love
8. Smile at the Mention
9. Honey, Honey
10. Knew the Day Was Comin’
11. Maybe I Can’t

●「このアルバムの制作は、他の全てのレコードから学んだ一切に火をつけてやり直し、前進し、今まで行ったことのない場所に飛び込んでいくようなものだった。頭の中で鳴っている音はとても異質で、そのほとんどを自分で再現しなくてはならないこともわかっていた」とBen Harperはニュー・アルバム『Bloodline Maintenance』について語る。『Bloodline Maintenance』は、政治的であると同時に、個人を明らかにする作品でもある。ソウル・ミュージックでありながら、決して過ぎ去った時代への様式的なオマージュではない。そのサウンドと言葉は本質的であり、紛れもなくタイムリーである。推進力のある「Where Did We Go Wrong」やギターをフィーチャーした「It Ain't No Use」といった曲は、モダナイズされたR&Bで、Harperの声と音楽性はその絶頂にある。一方、全体としてみると、「We Need to Talk About It」、「Where Did We Go Wrong」、「It Ain't No Use」といった曲は、より深い社会批判も提示している。そして、物語は「Maybe I Can't」で最高潮に達する。
●Ben Harperは、Brownie McGhee、Sonny Terry、Doc Watson、John Fahey、Leonard Cohen、Jackson Browneといったアーティストがよく訪れていた祖父母の楽器店でギターを学んだ。21歳になる頃には、インターナショナルなミュージック・レジェンド、Taj Mahalとツアー。その後、16枚のアルバムをレコーディングし、世界中でファンを獲得。グラミー賞を三度受賞し、Mavis Staples、Rickie Lee Jones、The Blind Boys of Alabama、Natalie Mainesなどの作品をプロデュースした。また、John Lee Hooker、Solomon Burke、Jack Johnsonから、Ringo Starr、Keith Richards、Harry Stylesまで、様々なアーティストとレコーディングをおこなっている。

>>> more info.





Copyright (C) 2022 Big Nothing Co., Ltd. All Rights Reserved.