Powered by RSSリスティング



KHRUANGBIN
2022.11.16 (WED)
東京:ZEPP HANEDA
2022.11.17 (THU)
大阪:NAMBA HATCH






NEWS | OFFICIAL


2022.9.23 ON SALE[世界同時発売]

マリのギタリスト、ヴィユー・ファルカ・トゥーレとクルアンビンのコラボレーション・アルバムが完成。ヴィユーの亡き父で、アフリカが生んだ最高のギタリスト、アリ・ファルカ・トゥーレへのオマージュ作『アリ』、リリース。


■アーティスト:VIEUX FARKA TOURÉ & KHRUANGBIN(ヴィユー・ファルカ・トゥーレ&クルアンビン)
■タイトル:ALI(アリ)
■品番:DOC274JCD[CD/国内流通仕様]
■定価:未定
■その他:世界同時発売、解説/歌詞/対訳付
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Savanne(サヴァン)
2. Lobbo(ロボ)
3. Diarabi(ディアラビ)
4. Tongo Barra(トンゴ・バラ)
5. Tamalla(タマラ)
6. Mahine Me(マヒニ・ミー)
7. Ali Hala Abada(アリ・ハラ・アバダ)
8. Alakarra(アラカラ)

●Khruangbinとマリのギタリスト、Vieux Farka Touréは、Vieuxの亡き父、Ali Farka Touréに敬意を表して、コラボレーション・アルバム『Ali』をリリースする。Ali Farka Touréは、アフリカが生んだ最も影響力/才能のあるギタリストの一人として、よく知られている。Aliのサウンドは、彼が愛してやまないマリのトラディショナルな音楽スタイルとブルースの要素を融合させたもので、曲は、地元の言語であるソンガイ語、タマシェク語、フラニ語、バンバラ語で歌われる。後に、彼のスタイルは、今では「デザート・ブルース」としてよく知られる画期的な新ジャンルを生み出し、グラミー賞を3回受賞。広くリスペクトされ、「アフリカのJohn Lee Hooker」とも呼ばれるようになった。
●9月23日にDead Oceansからリリースされる『Ali』は、Aliへのオマージュとして、彼の最も印象的な作品のいくつかをリクリエイトし、オリジナルの威厳を維持しながら、異なるサウンドで検証したものだ。アルバムは、1960年9月22日にマリ連邦からマリ共和国が独立したことを記念するマリの祝日「共和国記念日」の翌日にリリースされる。このアルバムでプレイされた曲はVieuxのお気に入りで、Ry Cooderが参加した「Diarabi」のような有名曲から「Alakarra」のような無名の曲まで、Aliのキャリアのさまざまな部分を表現している。Vieuxが父の遺志を継いでKhruangbinを選んだのは当然だ。アモルファスでサイケデリックなファンクを奏でるこのトリオは、世界各地で高い評価を得ており、未開発の国際的な文化や楽曲を明らかにしてきた。「Aliがこの世にもたらした愛を伝えるアルバムとしたい。私が彼に、そして、Khruangbinが彼の音楽に注いでいる愛について。古いものに愛情を注ぎ、再び新しいものにするということだ」と、このコラボレーションについてVieuxは語る。「私たちは、Aliの人生と作品に敬意を表して、このアルバムを作った。より多くの人がAliの音楽的遺産を知るきっかけになることを願っている」とKhruangbinは加える。

>>> more info.





Copyright (C) 2022 Big Nothing Co., Ltd. All Rights Reserved.