Powered by RSSリスティング













NEWS | OFFICIAL




2020.4.24 ON SALE[世界同時発売]
2020.8.14 ON SALE[世界同時発売]

デビュー作がプラチナディスクを獲得しブリット・アワードにもノミネートされたイギリスのシンガーソングライター、ルーマーの6年振りとなるニュー・アルバムが完成。カントリーのソングライター、ヒュー・プレストウッドの楽曲をカヴァーした5枚目のアルバム『ナッシュヴィル・ティアーズ』、リリース。


■アーティスト:RUMER(ルーマー)
■タイトル:NASHVILLE TEARS(ナッシュヴィル・ティアーズ)
■品番:OTCD-6801
■定価:¥2,400+税
■その他:世界同時発売、日本盤ボーナス・トラック収録、解説付
■発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. The Fate of Fireflies
2. June It's Gonna Happen
3. Oklahoma Stray
4. Bristlecone Pine (Ft Lost Hollow)
5. Ghost In This House
6. Deep Summer In The Deep South
7. Heart Full Of Rain
8. Hard Times For Lovers
9. Starcrossed Hanger of the Moon
10. The Song Remembers When
11. That’s That
12. Here You Are
13. Learning How To Love
14. The Snow White Rows of Arlington
15. Half The Moon
16. Never Arrive*
*日本盤ボーナス・トラック

●Rumerは2020年4月24日2020年8月14日に5枚目のアルバム『Nashville Tears』をCooking Vinylよりリリースする。Rumerは音楽のスポットライトから離れて南部で暮らしていた時、カントリー・ミュージックに夢中になっていた。そうした中、Nashville Songwriters Hall of Famerのメンバーで、Trisha Yearwood、Alison Krauss、Judy Collins等に曲を提供する作曲家、Hugh Prestwoodの作品と出会い、これが当『Nashville Tears』を制作する契機となった。アルバムはStarstruckスタジオでFred Mollinのプロデュースにより制作。これまでに録音されたことのないHugh Prestwoodの楽曲を含む全15曲が収録されたカヴァー・アルバムが完成した。アルバムからのファースト・シングルは「Bristlecone Pine」で、2020年1月に公開された。
●イギリスのシンガーソングライター、Rumerは1979年、7人兄妹の末っ子としてパキスタンで生まれた。1984年、一家はイギリスへ移るも、彼女が11歳の時に両親が離婚。また、実の父はかつて一家が雇っていたパキスタン人の料理人であることも判明してしまった。その後、Rumerは極貧の中で音楽活動を続け、31歳でAtlantic Recordsと契約。2010年にデビュー・アルバム『Seasons of My Soul』をリリースした。『Seasons of My Soul』はシングル「Slow」のヒットもあり、UKチャートの3位を記録。プラチナディスクの大ヒットとなり、2011年のブリット・アワードで「最優秀新人賞」と「最優秀ブリティッシュ女性アーティスト賞」の2部門にノミネートされた。2012年には70年代の楽曲をカヴァーしたセカンド・アルバム『Boys Don't Cry』をリリース。アルバムはUKチャートの3位を記録、ゴールド・ディスクを獲得。2014年にはサード・アルバム『Into Colour』をリリース。2016年にはBurt BacharachとHal Davidの曲を歌った4枚目のアルバム『This Girl's in Love: A Bacharach and David Songbook』をリリース。UKチャートの28位を記録した。
●世界同時発売、日本盤ボーナス・トラック収録、解説付

>>> more info.

















Copyright (C) 2020 Big Nothing Co., Ltd. All Rights Reserved.