Powered by RSSリスティング













NEWS | OFFICIAL




2022.2.11 ON SALE[世界同時発売]

フォクシーズことルイザ・ローズ・アレンがカムバック。ゼッド等とのコラボレーションでも知られる彼女の6年振りとなるサード・アルバム『ザ・キック』、リリース。


■アーティスト:FOXES(フォクシーズ)
■タイトル:THE KICK(ザ・キック)
■品番:未定[CD]
■定価:未定
■発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■その他:世界同時発売、付帯物等未定
■収録曲目:
1. Sister Ray
2. The Kick
3. Growing on Me
4. Potential
5. Dance Magic
6. Body Suit
7. Absolute
8. Two Kinds of Silence
9. Forgive Yourself
10. Gentleman
11.Sky Love
12. Too Much Colour

●5年以上ぶりとなるFoxesのニューアルバム『The Kick』は隔離された場所から作られた。パンデミックの最中、ズームを介してリモートで執筆とレコーディングは行われたので、Foxes(本名、Louisa Rose Allen)は鮮やかなエスケイピズム(現実逃避)の形を享受した。過去18カ月のロックダウンで世界が集合的に共有した自由への欲求、社交への絶望感、そして再び踊りたいという憧れは、彼女のインスピレーションとなったのだ。エスケイピズム(現実逃避)を煽り、高揚的で、ダンスフロア・ポップのルーツを持ちながらもフレッシュさを感じさせる自らの特徴(それにより、「Let Go For Tonight」「Youth」「Body Talk」等のヒット曲は生まれた)を持ったレコードを作る為、Louisaは音を配置した。そして、歌詞は喪失と失恋というテーマに触れ、パンデミック後の世界と終わらない夏のパーティ用のアルバムを作る為、痛みを伴う場所を物語り、新たな始まりをトラッキングする。
●わずか19歳の時に音楽業界に加わったFoxesは、絶賛されたデビュー・アルバム『Glorious』(2014年リリース。UKチャート5位)、EDMの巨人、Zeddとのコラボレーション曲「Clarity」(ビルボード8位。第56回グラミー賞で最優秀ダンス・レコーディング賞を獲得)、PharrellやColdplayのツアーをワールドワイドでサポート、6曲のUKトップ40ヒット、とシーンの最前線にいたが、2017年、一時活動を停止して、自らを見つめ直す時が来たと判断した。そして、2020年、Foxesは「Love Not Loving You」でカムバック。「Hollywood」「Woman」「Kathleen」「Friends In The Corner」とシングルのリリースを続けた。

>>> more info.









Copyright (C) 2021 Big Nothing Co., Ltd. All Rights Reserved.